洗顔料のおすすめは!?正しい選び方

 

洗顔とは、

「顔のヨゴレや酸化した皮脂を落とすこと」です。

 

洗顔料には、

いろいろな種類がありますよね。

 

ジェルやリキッド、フォームに固形石けんなど。

 

その中で、どんな洗顔料を選べばいいのか?

洗い方は、どうすればお肌に負担なく行えるのか?

 

今の時代、情報があり過ぎて、

どれがお肌にとって本当にいいのか?

 

わからなくなってきますよね^^;

 

今日は、洗顔の基本、

「洗顔料の選び方」

について書いてみます^^

 

 

洗顔料の選び方

 

洗顔料ですが、

数え切れないほどの種類がありますよね…。

 

その中から、どれがお肌にとっていいのか?

見極めるのは、至難の業です。

 

ところが、この洗顔料選び、

実は、カンタンなんです^^

 

洗顔料として、最も無難なのは

固形石けん◎

 

 

こういうやつです。

↓↓↓

 

 

「エッ!?固形石けん?」

実は、そうなんです^^

 

なぜ、固形石けんがいいのかですが、

 

固形石けんは、洗浄力が優れている、

お肌に負担がかかりにくい、

さらに、洗顔後のお肌になにも残しません!

 

「お肌になにも残さない!?」

そうです。販売されている洗顔料は、

なにかしらの成分が配合されています。

 

ですので、洗顔後のお肌にも

必要のないものが、残ってしまうんですね。

 

美白や、保湿などの成分は、

洗顔後には、流れてしまうので

配合されている意味はありませんよね^^;

 

固形石けんがおすすめの理由に、

「界面活性剤」が少ないからという事もあります。

 

「界面活性剤」の量が多いと、

お肌への刺激も多くなります。

 

ですので、

「固形石けん」がおすすめなんです^^

最後に、洗顔料のおすすめについて

 

ここまで読んで頂いて、

「私は、乾燥肌だからムリ!」

「洗顔後、肌がつっぱるし…。」

などの、疑問が浮かんできているかもしれません^^;

 

それでは、たとえば、

洗顔フォームなどに「洗い上がりがしっとり。」

と書かれていたとします。

 

一見すると、良さそうに思いますが、

お肌がしっとりするのは、

油分が含まれているものもあります。

 

その時はつっぱらなくていい感じでも、

お肌に油分が残っている状態では、

その後に使う「化粧水」が浸透しにくくなりますよね。

(カンタンにいうと、油の上に水ということです。)

 

それ以外にも、

美白成分だったり、保湿成分だったりが

配合されている洗顔料も

洗ってすすげば、流れていきます^^;

 

ですので、洗顔料に

保湿効果は求めなくていいという事になります◎

 

それどころか、下手をすると

その後のスキンケアに害を及ぼす事もあります…。

 

もちろん、これは

ケースバイケースですが

基本的には、余計な成分の少なく

お肌の汚れをシンプルに落としてくれる

洗顔料を選ぶのが基本です。