セラミドのクリーム美容液と敏感肌

 

敏感肌ってよくいいますが…。

 

「あなたは、敏感肌ですか?」と聞かれると、半数以上の女性が

「私は敏感肌です。」と答えるそうです^^;

 

そもそも敏感肌って、どういう状態なんでしょうか?

 

改めて聞かれると、ちょっと困りますよね…。

 

そうなんです。

敏感肌はこういう肌って決まっているわけでは無く、

自己申告によるものが大半なんですね。

 

たとえば、

ちょっと擦っただけで赤くなる、

化粧品が合わない、ピリピリする、かゆみがあるなど

これといって定義はないんです。

 

しかし、

セラミドやセラミドのクリームは

敏感肌へ効果的と言われます。

 

今日は、そんな敏感肌になってしまう原因、

敏感肌になった場合に、

セラミドが有効だといわれるのはなぜなのか?

 

そして、

 

セラミドはクリームや美容液に

高濃度で配合されているものがなぜいいのか?

について書いていきます^^

 

まず、敏感肌の原因とは?

 

それでは、敏感肌の原因について書いていきます。

 

私たちのお肌には、

バリア機能と呼ばれる機能があります。

 

このバリア機能によって、

外的な刺激からお肌を守ってもらっているんですが、

 

このバリア機能が低下すると外的な刺激からお肌を守れず、

お肌が赤くなったり、かゆみが出たり、

ピリピリしたりするんですね。

 

要するに、バリアが無くなり

外部への抵抗力が弱い状態。

 

イメージとしてはこの

ような感じです。

↓↓↓

 

 

 

この状態が、いわゆる「敏感肌」といわれる状態です。

 

敏感肌の原因は乾燥

 

では、なぜこうなってしまうのか?

その原因は、「お肌の乾燥」です。

 

敏感肌といっても、その症状は様々です。

 

ただ一つ言えるのは、

敏感肌の原因の根本には「お肌の乾燥」があるという事。

 

お肌を乾燥させてしまうと、敏感肌になってしまいます。

敏感肌とセラミド

 

そして、このお肌の乾燥に

大きく関わりがあるのが「セラミド」なんです。

 

先ほど、お肌にはバリア機能があるといいましたが、

そのバリア機能を支えているのが「セラミド」です。

 

敏感肌になる道のりは、以下です。

お肌が乾燥=セラミドが減少

お肌の水分キープが出来ない

バリア機能が低下

敏感肌へまっしぐら^^;

 

という事になります。

 

敏感肌にセラミドがおすすめな理由

 

セラミドは、

水分を保持する能力にとても優れているんですが、

他にも水分保持に役立つ成分はありますよね?

 

たとえば、ヒアルロン酸やコラーゲンなど。

 

なぜ、ヒアルロン酸やコラーゲンではなく

セラミドがいいのでしょう?

 

その答えは、

ヒアルロン酸やコラーゲンよりも

水分保持力が勝っているからなんです。

 

また、セラミドが配合された化粧品を使うと

2、3時間から24時間お肌の保湿を

キープできるといわれています。

(時間に幅があるのは、どのセラミドをどれだけ配合されているかによります。)

 

それ以外に

安全性が高い成分だともいわれるのですが、

それは、もともとお肌の角質層にある成分なので敏感肌にも安心なんですね^^

 

ですので、

敏感肌には、セラミドを補うことがおすすめなんです。

 

それでは次に、

どんな化粧品を使えば効率よく

セラミドを補えるのかについて書いていきます。

 

セラミドクリーム美容液は高濃度が良い理由

 

セラミドには、実は種類があります。

 

セラミドと書いていれば、

必要な量のセラミドが補えるのかというわけではありません。

 

セラミドの種類の中に、

私たちのお肌の角質層と同じ構造を持つものがあります。

 

それが、『ヒト型セラミド』です。

 

この『ヒト型セラミド』の特徴は、

保湿力が抜群に高く、刺激が少ないこと。

 

ただし!

不足すると乾燥肌や敏感肌になりやすいといわれる

「セラミドEOP」
「セラミドNP」
「セラミドAP」

が配合された化粧品を選ぶことが重要です。

 

では、

化粧品のどのアイテムを選べばいいのかですが、

それは、『美容液』や『クリーム』です。

 

セラミドは油に溶けやすい油溶性の成分。

 

化粧品の中で油溶性といえば、クリームです。

 

美容液は濃度が濃いので、

少しの量でも効率よくセラミドを補えます。

 

ただし、セラミドは濃度が重要です。

 

一般的にセラミドと記載のある製品は多くありますが、

セラミドは他の成分に比べると高価なのでプチプラなど安い商品には

ほんの少量しかセラミドが配合されていない可能性があります。

 

セラミドを高濃度で配合していなければ、

いうまでもなく効果は見込めませんよね^^;

 

ですので、セラミドを高配合した

クリーム乳液や美容液が敏感肌にはおすすめなんですね^^

 

まとめ

セラミドは、通常でも加齢によって減少しますが、

それに加えて、お肌の乾燥によっても減少します。

 

ですので、特に敏感肌の人は外からセラミドを補う必要があります。

 

また、セラミド配合の化粧品を選ぶときは、

保湿効果が高く刺激の少ない

「ヒト型セラミド」が高配合されている商品がおすすめです。

 

その中でも、

敏感肌になってしまう原因となり、

不足するとお肌の乾燥を起こしやすい、

「セラミドEOP」「セラミドNP」「セラミドAP」

が配合されたものを選ぶことが大切です。

 

ちなみに、

私がセラミド配合の化粧品で

おすすめなのがこちらです。

 

保湿力は、かなり高めです^^

↓↓↓

【驚愕】REISE(ライゼ)エッセンスセラム乳液の口コミ評判

 

そして、化粧品のアイテムは、

クリームや高濃度の美容液を選ぶことで

お肌の乾燥を抑制し敏感肌の改善を促します。

 

敏感肌の改善には、セラミドを補うことがとても重要です。

 

参考になれば、幸いです^^