ビタミンC誘導体でも効果ないまた、肌を乾燥させる理由

 

ビタミンCは、

美肌に欠かせない成分として有名ですが、

ビタミンCそのままでは、

肌に浸透させる事ができません。

 

そこで、ビタミンCを変化させ、

お肌に浸透できるようにしたものが

ビタミンC誘導体です。

 

ただ、

このビタミンC誘導体ですが、

乾燥させるのではないか?

ともいわれています。

 

今日は、

ビタミンC誘導体と乾燥について

書いていきます^^

 

 

 

ビタミンC誘導体=乾燥!?

 

お肌にとって、乾燥は大敵です。

 

お肌が乾燥すると、

肌がくすんでしまう、新陳代謝の周期に乱れを起こす、

などの老化の原因になります。

 

新陳代謝の周期が乱れると、

シミ、シワ、たるみなども引き起こしますので

お肌の乾燥はそのまま放置できないですよね。…。

 

また、お肌の乾燥対策としては、

保湿することがとても有効な対策なんです。

 

お肌の保湿成分として、

有名な成分の代表格はセラミドですが、

もうひとつ、お肌にとって大切な成分が

ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体は、

美肌に欠かせないものですが、

「お肌を乾燥させるのでは?」という意見もあります。

 

そこで、

ビタミンC誘導体には、

保湿効果はないのか?調べてみました。

 

ビタミンC誘導体に保湿効果はない!?

 

まずは、

ビタミンC誘導体の働きを書いてみますね^^

 

お肌に浸透したビタミンCには、

 

・活性酸素を抑える働き

・すでにあるメラニン色素を還元する働き

・新陳代謝を促す働き

・皮脂分泌をコントロールする働き

・コラーゲンの増加を促す働き

 

などの働きがあり、

エイジングケアに最適なんですね^^

 

ただし、

 

ビタミンC誘導体には、

皮脂の分泌をコントロールする働きがあるので、

皮脂分泌量が減ることで、お肌が乾燥するのでは?

といわれるようなんです。

 

うーん…。

どうも、これがビタミンC誘導体が乾燥する。

といわれる由縁のようですが…。

 

スキンケアの化粧品は、

ビタミンC誘導体のみが配合された化粧品だけ

行うのでしょうか?

 

一般的な化粧品で考えると、

他にも美容成分が配合されているはずですよね。

 

ビタミンC誘導体には、

これだけの優れた働きがあるのに、

ビタミンC誘導体の働きの一部である、

皮脂をコントロールするということだけを見て

乾燥するからと敬遠するのは、

もったいないですよね…。

 

ビタミンC誘導体には、

本当に保湿効果がないのでしょうか?

 

実は、調べてみて

強力な保湿作用があることがわかりました!

 

どういう事かというと、

ちょっと一例をあげてみますね。

 

ビタミンC誘導体の中に、

「イソパルミチン酸アスコルビル」という

ビタミンC誘導体があります。

 

このビタミンC誘導体は、

お肌に塗布してからなんと!

2日経っても、お肌の水分量を上げ続ける

というデータがあるそうなんです。

 

だからといって、ビタミンC誘導体なら、

すべてにその効果があるのか?というとそうではありません。

 

ビタミンC誘導体でおすすめなのは、

「イソパルミチン酸アスコルビル」

「アスコルビン酸リン酸エステル(アスコルビン酸Mgまたはアスコルビン酸Na)」

「パルミチン酸アスコルビル酸3Na(APPS)」

「フラーレン」などです。

 

これらの成分は、とても価格が高く、

美容クリニックでしか扱いがなかったようですが、

 

現在は、少し価格が安くなり、

専門医と共同で開発された化粧品会社から

購入できるようになっています。

 

そして、その多くは、

化粧水やクリームなどに配合され、

ドクターズコスメということで

販売されています。

 

できるだけ、安く購入したいのですが、

市販の化粧品にビタミンC誘導体は、

ほとんど入っていません。

 

なぜ、市販の商品にはないのか?

 

それは、

ビタミンC誘導体が熱に弱く、

長期保存できないという理由があるんですね。

 

ですので、

大量生産される市販の化粧品には、

不向きということになります。

 

ただ、数あるビタミンC誘導体の中で

アスコルビン酸グルコシドという型で、

市販の化粧品に含まれていることがあります。

 

ではこれは、

ビタミンC誘導体ではないのか?

というと、

 

ビタミンC誘導体なのですが、

残念ながら、

アスコルビン酸グルコシドは、

ビタミンC誘導体でありながら、

人の皮膚の中で、

ビタミンCに変化しないことがわかっています。

 

ビタミンCに変化しないのなら、

意味がありませんよね^^;

 

市販の化粧品で「ビタミンC誘導体」と記載があっても、

実は、「アスコルビン酸グルコシド」だった…

ということがあります。

 

ですので、ビタミンC誘導体には

さまざまな種類があり、

それを、しっかり見極めて使うことで、

 

一概にビタミンC誘導体によって

お肌が乾燥すると、言えないのではないかと思います。

 

乾燥肌の場合の場合のビタミンC誘導体

 

ちなみに、私は、

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使っていますが、

お肌の乾燥を感じることはありません^^

 

そのビタミンC誘導体の成分ですが、

お肌への浸透が水溶性ビタミンC誘導体に比べて

約100倍といわれる、

「パルミチン酸アスコルビル酸3Na(APPS)」、

ノーベル賞受賞成分の「フラーレン」など。

 

その他、美容成分も配合されています。

 

ビタミンC誘導体と記載があっても、

どんなビタミンC誘導体なのかで

保湿できるのかどうかは変わるという事なんですね。

 

こちらの化粧品ですが、

詳しく記事に書いています。

 

よければ、参考に読んでみて下さい^^

↓   ↓   ↓

ドクターソワのappcフラセラム