生コラーゲン化粧品や美容液の驚くべき効果とは?

生コラーゲンの化粧品や美容液の効果

 

「生コラーゲンって、聞いた事があるけどどういうもの?」

 

「普通のコラーゲンとどう違うの?」

 

これ、私が初めて聞いた時、そう思いました^^;

 

コラーゲンは、一般的によく知られている成分です。

 

ただ、生となるとまた別物なんですね。

 

ですので、今回は、

 

・生コーゲンの驚きの効果!?

・生コラーゲンに副作用はないのか?

・生コラーゲン配合のおすすめ化粧品、美容液とは?

 

について書いてみたいと思います^^

 

 

 

 

生コラーゲンとは?

 

生コラーゲンとは、

通常のコラーゲンとどう違うのでしょうか?

 

ここが知りたいですよね^^

 

生コラーゲンは、簡単にいうと私たちの肌の中に元々存在するコラーゲンと

同等の構造をもったコラーゲンの事です。

 

通常、化粧品に配合されている一般的なコラーゲンは、

加水分解されたコラーゲンです。

 

生コラーゲンの特徴ですが、保水性が非常に優れていて

加水分解されたコラーゲンに比べると

数倍もの優れた保水力があるといわれています◎

 

(※ただし、この数倍というのは実は製品によって変わります。)

 

とある化粧品メーカーのが公表している

数字ですが

 

一般的なコラーゲンとして使われている

加水分解コラーゲンやゼラチンコラーゲンの

約600倍の保水力というされています。

 

もちろん、細かい数字に関しては、鵜吞みにできないのですが

少なくとも、生コラーゲンが他のコラーゲン

より保水力に優れているというのは言えます。

 

そして、

生コラーゲンは加水分解コラーゲンのように、

熱によって分解されていないコラーゲンなので、

洗顔をしなければそのあいだ中、

肌に残って威力を発揮するんですね^^

 

使い続けると角質層の水分量が増加、

お肌を保護するバリア力もアップしていきます。

 

それでは、次に、

生コラーゲンには副作用がないのか?

について書いていきます。

 

生コラーゲンに 副作用は?

 

生コラーゲンと聞くと、副作用とかないのかな?

と少し気になります^^;

 

そこで、調べてみると、

副作用で考えられるのはアレルギーのようです

 

アレルギーは個人差がありますが、

赤くなったりかゆみが出たりする事が多いですよね。

 

コラーゲって、そもそもタンパク質で出来てるんですね。

 

アレルギーを起こす原因の一つに、タンパク質があるので

生コラーゲンも例外ではないという事なんです。

 

ただし、すべての人にアレルギーが起こるわけではありません。

 

化粧品で使われている生コラーゲンで副作用が出たとなると、

メーカーは販売中止に追い込まれます!

 

現時点でそういう話は聞きませんので、

そう過剰に心配する事は無いようです^^

 

おすすめの美容液化粧品(フェースのラメラエッセンスC)

 

ここまで生コラーゲンについて書いてきましたが、

コラーゲンより保水力が高い生コラーゲン配合の化粧品

気になりますよね^^

 

そこで、私がおすすめなのが、

『フェースのラメラエッセンスC』です。

 

このラメラエッセンスCは、お肌のラメラ構造に着目、

生コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC配糖体

などを配合した美容液なんです。

 

ラメラ構造が乱れると、

お肌の水分は蒸発しやすくなります。

 

生コラーゲンは、

このラメラ構造をサポートしてくれるんですね。

 

保水力が抜群の生コラーゲンを配合する事で、

お肌にうるおいやハリを与え、

乱れると水分蒸発させてしまうラメラをもサポート!

 

一石二鳥の美容液なんです♪

 

『フェースのラメラエッセンスC』を実際に購入し、

試した結果は、こちらの記事で詳しく書かせて頂いています^^

 

参考にお読み頂ければと思います。

↓↓↓

生コラーゲン美容液(ラメラエッセンスC)

 

あ、それからこの生コラーゲンですが

お肌を正常に保つラメラ構造を整える成分としても

効果があるとされています。

 

ちなみに、ラメラ構造については

こちらで解説しています。

 

ラメラ構造は、比較的

最近の研究でわかってきたお肌の機能ですが

これから美肌を考えるうえで参考になるかと思います。

 

こちらも良かったら、続けてお読みください。

↓↓↓

ラメラ美容液についての解説

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ