正しい日焼け止めの選び方。

ますます、夏本番になってきてまして暑い日が続きます。

 

突然ですが、”正しい日焼け止めの選び方”をしていますか?

 

暑いと寝苦しいし熱中症など色々気をつけなければいけない事が多いですよね。

 

でも、女性として気をつけなければいけないのはそれだけではありません。

 

紫外線。。。。これは、女性であれば注意しなければいけない事です。
わかっていてもなかなか対策できないの実情かと思いますが

単純に日焼け止めを使用したりSPF値やPA値の高めのものを使用すれば良いという
事ではないのが難しいところなのです。

それでは、具体的に上記がどういう意味なのか説明していきます。
市販の日焼け止めを単純に使用するのがNGな理由

紫外線は二種類あります。

UVA波と呼ばれるものとUVB波と呼ばれるものです。

このうちそれぞれのUV波をそれだけ防ぐのかがそれぞれの
PA値とSPF値です。
(下記、参照)

 

UVA波 ⇒PA値  < +(プラス)で表されてこの+が多いほど、効果が高いとされています。   >
UVB波 ⇒SPF値  < どれだけ効果が継続するかを表します。但し、値が大きければよいという事ではありません。30前後を選択すると良いでしょう。

 

もちろん、紫外線は蓄積されて老化の原因となりますにのでお肌によくないのは明らかです。

一方で、無暗に日焼け止めを使えばお肌に負担をかける事になりますのでご注意ください。

20140720-033617-12977426.jpg

 

ちなみに今年の夏(もちろん夏の先でも紫外線対策)にばっちりなのが

コセーから発売されている澄肌ccクリームです。

これは、SPF50+PA++++と紫外線効果はばっちりながら
成分もお肌に比較的優しい成分でできています。

それから、化粧下地、ファンデーション、クリームの役割もしてくれるので

これ一つで大概は事足りてしまします。

一度、お試しする価値アリです。

 

【澄肌CCクリーム】の
販売先公式ページはコチラです。

コメントを残す


二 + = 11

サブコンテンツ

このページの先頭へ