肌の弾力を生む美容液や化粧品の選び方

肌の弾力がなくなるのは、コーラゲンの減少が主な原因です。

肌は、表面が表皮で奥が真皮という構成になっています。

 

この奥の真皮という部分には、

ゼリーの様なコーラゲンがあります。

このコラーゲンは、年齢とともに減少していくので

肌に弾力がなくなっていくわけです。

 

弾力

 

肌の弾力がなくなった場合の影響

 

例えば、水風船などを想像してみるとわかるのですが

水を入れてパンパンに膨れた風船も、水を徐々に抜いていくと

弾力はなくなっていくわけです。

 

これは、肌の弾力が無くなっていく原理と同じです。

 

肌の弾力がなくなった場合には

影響は肌のハリ以外に出てきます。

 

まず、肌がたるんできます。

ハリがあった部分がへこんでくるので

その部分がたるんでくるわけです。

 

これは、二十顎や目元のたるみも同様です。

また、頬の位置が垂れ下がる事で法令線にもなってきますので

肌の弾力がどれだけ重要かという事はわかるはずです。

 

肌の弾力は、どれだけ若く見えるのかという

部分と密接に関係している事が

この事から良くわかります。

 

ただ、残念ながら何もしなければ肌は、弾力を失なうばかりです。

加齢によってコラーゲンが減少していくとのは

自然の摂理でありしょうがない事なわけです。

 

肌の弾力がなくってきた場合の美容液や化粧品でのケア

 

ですので、私達ができる事として

肌の弾力が無くなってきた場合には、美容液や化粧品を

使ってコラーゲンの生成を促すという方法があります。

 

一番オススメの方法としては、

スプリングケアです。

 

これは、肌の奥の弾力を高めるケアで

主にビタミンC誘導体が効果的と言われています。

 

ビタミンC誘導体は、コラーゲン生成に必要な成分で

エイジングケアに最も有効な成分ですので

日々、ぜひ使いたい成分です。

 

ビタミンC誘導体が配合されているコスメとしては

 

値段的にお手頃なのが

インビィプラスブィカーボミストです。

 

↓ ↓ ↓

インビィプラスブィカーボミストについて

 

また、値段は少しはりますが

本格的なものであればこの辺りが良いと思います。

↓ ↓ ↓

プレミアムAPPSプラスEローション

 

ビタミンC誘導体は肌の弾力でだけではなく

シミ予防、肌あれ、クスミなどにも使われる

幅広いケアに使えますのデイリーで使っておきたい

美容成分です。

 

コメントを残す


7 + = 十二

サブコンテンツ

このページの先頭へ