美肌は生まれつき?

「他人の芝生は青くみえる」という諺がありますね。

これは、人のものは良く見えるという格言ですが、他人の美肌も羨ましく思えるものです。

でも、美肌は遺伝的な要素があり、生まれつきのものだと思って諦めていませんか?

実は、色々調べていくと実はそうではない様です。

 

美肌

 

美肌を決めるのは後天的な要素?

 

もちろん、肌質には両親の遺伝的な要素が全くないというと嘘になりますが

環境的な要素もかなり大きいのも事実です。

例えば、アスリートを両親に持つ子供が必ずしもアスリートとして大成しない様に

美肌も実は、本人の努力が大きなウェイトを占めているのです。

 

具体的には、スキンケア、年齢、生活習慣(食事・ストレス・睡眠)

環境的な要素として美肌であるかどうかを決める大きな要素です。

 

私自身も「どうせ美肌はうまれつきなんでしょう!」という考えがありましたが

これは正しくないという事を知ってから、自分の肌が変わってきました。

 

スキンケアは美肌を左右するのか?

 

特に、スキンケアはやり方次第で肌質を大きく左右します。

例えば、間違ったスキンケアを行っていると正常な肌でも簡単に

トラブルを抱える肌になってしまいます。

 

また、肌は湿度や温度などのにも敏感に反応するので春夏秋冬でも変化します。

ですので、季節に合わせてうまく自分の肌の変化を感じとってスキンケアするのも

大切な事です。

 

もし、あなたの肌が何らかの問題を抱えているのであれば、一度美肌を

左右する要素を意識してみたら、お肌は美しく生まれ変わる事でしょう。

 

 

 

コメントを残す


九 + 9 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ