正しいUVケアとは?

七月に入り日差しが一段と強くなってきました。

 

梅雨も明けて本格的な夏がやってきた感じがします。

でも、女性ならこの夏の日差しには、
正しいUVケアをしなければいけません。

 

豆知識まで、このUVは、英語で
”ウルトラバイオレット レイ”の略です。

日本語でいうなら紫外線です。

 

この紫外線は、対策をしないと本当に恐ろしい自体になります。

60b9087a47a8522a308ad20d639a7a2b_s

 

 

紫外線は、お肌に日々蓄積されてシミの原因になったりお肌の真皮まで
到達するとお肌のコラーゲンを傷つけてシワやたるみの原因になります。

 

中東など人って見た目よりかなり老けて見えませんか?

ずはり、それは日差しと老化の関係なのです。だから、正しいUVケアをする事が大切です。

室内にいても油断はしてはいけません。

また、曇りの日にも紫外線は浴びているのです。

これが大きな落とし穴なのです。

だから、抜かりの無いようにしっかり
対策を講じましょう。

UVケアには、下記の方法があります。

 

  • 日傘や手袋などで予防。
  • 日焼け止めで対策。
  • ファンデーションをつける。
    (普通のパウダーファンデーションは
    光を反射するので、日焼け防止に効果あり。)

 

ここで、ポイントは日焼け止めの使い方です。

もちろん、日焼け止めは、紫外線に効果があります。

SPF値やPA値が高い程に効果がありますがありますが、一方でウォータープルーフの物や数値が高い物はお肌に良くありません。

ですので、野外で長時間過ごす時は
日焼け止めを使用。

 

それ以外は、なるべく日差し受けないようにして、日傘やファンデーションで
防ぐなど面倒ですが小まめに対応を変えていきましょう。

コメントを残す


9 + = 十五

サブコンテンツ

このページの先頭へ