日焼け止めコスメのまとめ(SPF,PAなど)

今日は、まだ四月だというのにとても日差しが強い日でした。

これから夏も本番になってきますが、紫外線対策を本格的ににしなくてはいけない季節になってきました。

ここでは、そんな紫外線が強くなってくる前に日焼け止めコスメについてまとめてみました。

 

紫外線

 

 

日焼け止め化粧品のSPF,PAとは?

 

私はこれまでに日焼け止め化粧品を選ぶ際にはなんとなくで選んでおり深い事は考えないで

日差しに関係なく同じモノを使用していましたが実はこれは正しくありません。

 

まず、日焼け止め化粧品を理解するにあたり基本となるSPF,PA値を知っておきましょう。

実は紫外線は波長があります。 (UVA波、UVB波

 

例えが正しいかわかりませんが、ラジオの電波を考えると良いかもしれません。

つまり、同じ紫外線でもそれぞれの周波があるのです。

それぞれの波長に対応するのがSPF,PA値

 

ラジオと同様、それぞれの周波に対応する必要があります。これがSPF,PA値です。

紫外線化粧品の内、それぞれ対応しているのは以下のものです。

 

UVA波 --------PA波

UVB波 --------SPF波

 

 

紫外線コスメは強いものを選べは良いのか?

 

とここまで、SPF,PA値について説明してきましたが

そんな難しい事を知らなくても一番強いものを使えばいいじゃないか?と

私は常々思っていましたが、実は一番これがいけないのです。

 

どういう事かというと、これらのSPF,PA値は強い分、肌には非常負担をかけているのです。

だから、実は肌に出来るだけ肌の負担を減らす為に、場面によってSPF,PA値の違うものを

使え分けるのが正解なのです。

 

理想のSPF,PA値は?

 

目安としては日常的にあまり外出しない(大体二時間くらいの外出)場合は

SPF20PAは、++くらいのものがよいと言われています。

外出時間が長い場合やレジャーなどの場合はこれより強い方が良いでしょう。

 

一筋縄ではいかないのが日焼け止めですが、肌の負担とシミのリスクは表裏一体ですので

バランスを持ってケアする事が求

 

 

コメントを残す


8 + 一 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ