日焼けによるシミができやすい肌?

今日はとても暑い一日でした。気温は三十度を超えて、日差しもかなり強い一日でした。

皆さんはバッチリ、シミなどの対策をされましたでしょうか?

実は、人の肌は千差万別なので同じ日差しを受けてもお手入れの仕方は若干違ってきます。

これから迎える夏本番に向けて、日焼けとお肌のタイプについて解説したいと思います。

 

太陽光と紫外線

 

あなたのお肌がシミができやすい?できにくいタイプ?

 

同じ日本人でも、肌が浅黒い人や色白の人がいる様に

同じ環境にいても受ける影響は違います。

 

あなたはどのタイプになるでしょうか?

対策についてもまとめましたので参考になれば嬉しいです。

 

 

色白タイプ

 

日焼けをしてすぐに黒くならないで、赤くなるのがこのタイプです。

メラニン色素が生成される量が少ないので、一番紫外線の影響を受けやすいです。

UVケアをしないと肌の老化や癌になる可能性があるので注意です。

 

赤くなった部分はしっかりと冷やして保湿しましょう。

標準日本人タイプ

 

赤くなってから黒く日焼けするタイプです。

赤い部分は、冷やして保湿をします。

 

それから美白化粧品でお手入れを欠かさない様にします。

 

地黒タイプ

 

日焼けをして赤くならずに、黒くなるタイプです。

実はメラニン色素が多く生成されるので、それだけ

日差しへは強いという事になります。

 

しかし、反対に簡単にシミにもなりやすいという事なので

美白化粧品は一年中使用しましょう。

 

 

冒頭でも書きましたが、人によって紫外線対策は若干違ってきます。

紫外線を受けた際のご自身のお肌の変化を知って適切なお手入れを

していきましょう。

 

 

コメントを残す


+ 六 = 12

サブコンテンツ

このページの先頭へ