化粧水はしみたらたらやめるべき?スキンケアの失敗例。

今回は、私の過去のスキンケアで失敗した例を紹介します。既に、タイトルにも書いてあるので殆ど

ネタバレしているのですが、「化粧水はしみたら使用を中止するべきか」という事についてです。

もしかしたら、同じ様な事で悩んでいて私と同じように失敗しない様にと情報をシェアする為に

書いてみました。

スキンケア失敗

 

 

肌荒れした時に、化粧水やコスメは使ってはいけない理由

 

昔のは話ですが、肌荒れが酷くなった時があったのですが、それでも化粧水なら大丈夫かな

と思って使っていた事があったのです。

 

化粧水は大部分が水だと知っていたので、化粧水だけなら大丈夫だという思ったのです。

肌荒れを起こしているので、アレコレ使うと良くないという頭はありましたが

最低、化粧水だけでも使わないと不安というのもありました。

 

肌に沁みている感覚があれば、コスメは使用を中止するのが正解

 

それで、化粧水を使ってみると「肌に沁みている」感覚があったのですが

良くなるだろうと思って使用し続けました。

 

その結果肌がそうなったかというと、肌荒れが本当に酷くなりました。

肌が悲鳴をあげていたのでしょう。

 

肌荒れの時は特に低刺激の化粧水を使う事

 

角質層が乱れた時には、水分が多い化粧品ほど良くないと知ったのは、その後でした。

肌荒れしている時には、化粧品(特に化粧水)は使用しない方が良いという良い勉強になりました。

どうしても使うなら肌に低刺激のコスメがいいと思います。

肌に沁みる様であれば尚更です。皆さんも注意して下さいね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す


+ 六 = 7

サブコンテンツ

このページの先頭へ