自分に合った洗顔料を選ぶ基準は?

洗顔料は、沢山の種類やタイプのものが発売されているので選ぶのにも迷ってしまいます。

私の場合、これまで洗顔料を何度か買い替えたり、季節によって変えたりしてますが

どの場合にも以下のポイントを重視しています。

 

洗顔料を選ぶ際のポイントさえ間違えなければ、自分に合ったものも

迷わないで見つけやすくなります。

 

洗顔をしている女性

 

自分の肌に合う洗顔料を見つけるポイントとは?

 

■ 使用感の良さで決める

■  自分の肌質に合ったものを見つける

 

凄くシンプルに言ってしまうと、自分に合った洗顔料をみつけるのに

重視するのは、以上の点で十分だと思います。

 

以外と軽視されがちですが「使用感の良さ」はとても大事です。

人の好みや性格は千差万別ですので、洗顔料の良い基準も違って当然です。

 

洗顔料は毎日、使用するものですから

無理にこの好みでないものを使う必要はないと思うのです。

 

例えば、泡立てるのが苦手や面倒といった方は泡立てやすいフォームを選ぶべきで

それは、香りの好みも同様です。

 

ですので、自分の好き嫌いに素直になるのは、洗顔料を選ぶ上で意外と

重要なポイントだと思います。

 

自分の肌質と洗い上がりをみて洗顔料は決めた方がよい

 

また、大切なのが、肌質に合わせて選ぶという考え方です。

肌質は人によっても異なりますので、

朝の肌の状態でべたつくタイプの人はサッパリして洗い上がりの良いものを、カサつく人はシットリタイプの

洗顔料を選ぶのも大切です。

 

※ 私が使ってみておすすめなシットリタイプの洗顔石鹸としてvcoマイルドソープがあります。

vcoマイルドソープ自体は、泡立ちも非常に良くて洗顔後にはお肌はシットリするという

口コミも多い洗顔石鹸です。

 

 

また、同じ人間でも季節によって肌が変わってきますので、お肌の変化に

気がついてあげるのも自分に合った洗顔料を選ぶ基準かなぁーと思います。

 

大切なのは、自分自身の肌質を把握して合った洗顔石鹸を使い続ける事です。

いくら口コミなどの評価が高くても、自分に合わない様であれば使い続けても

逆効果になる恐れもあります。

 

洗顔はスキンケアの基本と言われます。

 

蔑ろにされがちですが、洗顔は実は重要です。

 

ですのでの周りの評価に左右される事なく、自分の現在のお肌に合う

洗顔料を見つけましょう。

コメントを残す


+ 9 = 十一

サブコンテンツ

このページの先頭へ