美容美白の為の化粧品選び

今日は、美容美白とその化粧品選びについて書いてみようと思います。

最近、五月だというのに、夏並みの日差しで美白ケアの必要性を痛感します。

よく、ママ友と美容美白コスメについて話すのですが、多くが、あまりこの美容美白コスメについては

成分まで考えていない事に気がつきました。

 

美白美容

美容美白の化粧品は何でも良いのか?

 

美容美白の化粧品であれば何でも良いのかというと個人的には、そうでない気がします。

つまり、成分やその効果で選ばないとすると、後は商品のイメージで選ぶしかないからです。

 

「何となく、美白に良さそうだから購入しよう。」

 

「テレビのコマーシャルで見たから効果があるだろう。」

 

この基準で選んでしまうと、良い化粧品に巡り合う事は経験上少ないです。

 

 

ですので、美白化粧品はどんな根拠に基づいてそうなのか

を少しでも良いので考えてみるのも、時には大切です。

 

 

美容美白の為の化粧品の成分について

 

安心して化粧品を選ぶには、一般的に一定の効果があるとされる美白成分を

選ぶのも一つのです。

 

以下は、医療外品として厚生労働相から認可されている美白成分です。

 

■ ビタミンC誘導体

■ プラセンタエキス

■ カモミラET

■  リノール酸

■ アルプチン

■ ルシノール

■ トラネキサム酸

■ エラグ 酸

■ T-amacha

 

人気の美白コスメには、大抵どれかの成分が入っているはずです。

 

もちろん、メーカーの意図してあえて医療外品としてない美白成分もありますので

余裕があれば、冒険をしてみると、掘り出し物の美白化粧品にあたる事がありますが

安全な道を行くのであれば、成分から美容美白の為の化粧品選びも大切です。

 

具体的にどんな化粧品を選べば良いのかは迷う所でありますが

 

上記の美白成分の中でも、ビタミンC誘導体

であればコチラのプレミアムAPPSプラスEローションは良いものです。

 

APPSプラスEローションはビタミンC誘導体 の中でも浸透しやすい『APPS』を

配合しています。

 

ビタミンC誘導体は、美白以外にも、ニキビ予防、抗酸化、ハリなど

美肌にとっては、多くのメリットがある成分ですので 「APPSプラスEローション」

は使ってみて損はないでしょう。

 

 

コメントを残す


八 + = 9

サブコンテンツ

このページの先頭へ