ニキビ痕に効く化粧水と注意点について!

今回はニキビ痕に効く化粧水というテーマで書いていきたいと思います。

世の中にニキビ痕で悩む方は多いですね。私もかつてはその一人でした。

ここではそんなニキビ痕に効果の期待できる化粧水の紹介と解説をしたいと思います。

 

ニキビ痕と化粧水

 

知っておこうニキビ痕の種類と化粧水の有効性

 

まず、前提としてニキビ痕には大雑把に分類して3つのタイプに分類されます。

ニキビ痕に効果が期待できるものとあまり効果が期待できないものが存在しますので

ここは押さえておきましょう。

 

ニキビ痕の種類

 

 

それぞれのニキビ痕タイプの解説と向いている化粧水

 

まずは、それぞれのニキビ痕の説明からしていきます。

ご自身のニキビ痕のタイプはどれに該当するか

下記文章を比較してみて下さい。

 

赤身のニキビ痕

 

 

 

これは、ニキビが炎症した後に

赤身が残ってしまった痕です。

 

放っておくと十年も残るケースもあるので注意です。

 

 

シミのニキビ痕

 

この シミタイプのニキビ痕は

炎症性色素沈着によって茶色くシミの様に

お肌に残ったものです。

 

紫外線により、シミとして半永久的に

残る可能性もありますの注意です。

 

この二つに関しては、化粧水は効果を

期待できる可能性は高いです。

 

化粧水の効果が限定的なニキビ痕
 

 

凹凸のニキビ痕

 

これは、皮膚が炎症により陥没してしまった

ニキビ痕です。

体質によって、化膿した後にこの凹凸タイプの

までいってしまうケースもあります。

 

 

一番厄介で化粧水の効果が限定的なのは

この 凹凸タイプのニキビ痕です。

 

詳しくは、以下の文章で解説していきます。

 

 

具体的なニキビ痕化粧水と注意点

 

それでは、具体的に ニキビ痕に効果が

期待できる化粧水とそれに含まれる成分について

解説していきます。

 

私が知っている化粧水も紹介しますが

同様の成分で良質なものであれば代用しても

良いと思います。

 

ニキビ痕には、ビタミンC誘導体化粧水

 

まず、赤身ニキビ痕に効果的なのが

「ビタミンC誘導体」配合の化粧水です。

 

それも、「ビタミンC誘導体」の中でも

お肌に浸透しやすいリン酸型やAPPS型のものがおすすめです。

 

また、ビタミンC誘導体は、シミを薄くしたり予防したりする効果も

期待できますので、シミのニキビ痕にも有効だと思います。

APPSプラスEローションとニキビ痕

 

ビタミンC誘導体の化粧水としておすすめなのがプレミアムAPPSプラスEローション
です。

このAPPSプラスEローションは高濃度のAPPS型の ビタミンC誘導体で

一般のものと比較しても浸透力は高いと思われます。

 

値段は高いのですが、その分の効果が期待できるのが

APPSプラスEローションです。

 

イオン導入にも対応しているので、赤ニキビ痕、シミニキビ痕には

最適だと思われます。

 

また、ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌も抑制する効果も期待できますので

APPSプラスEローションは、通常のニキビケアにも使用できます。

 

 

プレミアムAPPSプラスEローション 概要 対応できるニキビ痕
APPSプラスEローション ビタミンC誘導体 赤身ニキビ(★★★★★)、シミ(★★★★★)、凹凸 (★)

 

APPSプラスEローションの詳細

 

 

 ニキビ痕化粧水としてブスターローション

 

もう一つおすすめするのが、導入型化粧水です。

これは、お肌のPHを変化させる事でお肌への美容成分の

浸透をよくして、肌のターンオーバーを正常なものへ

導いてくれる化粧水です。

 

また、 同様にピーリングも似たような効果を発揮しますので

おすすめです。

リプロスキンとニキビ痕

 

私が導入型化粧水としておすすめするのがリプロスキンです。

これは、化粧水でも特別なもので、ニキビが治った後の

ゴワゴワしたお肌を正常なものへ導いてくれるものです。

 

リプロスキンは、赤、シミのニキビ痕に効果が期待ができます。

(リプロスキンの公式サイトによると凹凸ニキビにも対応しているとの事)

 

 

リプロスキン 概要 対応できるニキビ痕
リプロスキンの画像 導入型柔軟化粧水 赤身ニキビ(★★★★★)、シミ(★★★★★)、凹凸 (★★)

 

リプロスキンの詳細

 

 

ニキビ痕と化粧水の注意点

 

以上の通り、ニキビ痕と化粧水のケアについて解説してきました。

美容書などでも、書いていますが赤、シミニキビ痕などであれば

自宅でケアできる可能性は高いです。

 

上記のAPPSプラスEローションとリプロスキンは併用しても問題ないので

可能であれば両方使ってみると効果も高いかと思います。

 

凹凸タイプのニキビ痕は化粧水ではケア難しい

 

ニキビ痕の化粧水で注意すべき点は、凹凸タイプのニキビ痕です。

ネットなどの情報でも、ニキビ痕というと全て同一で語られる事が多いのですが

 実は、クレター状になったニキビ痕は、特別です。

 

この凹凸タイプのニキビ痕は炎症で皮膚の外壁が破壊されていますので

完全に元に戻るのは残念ながら難しいです。

 

ですので化粧水で過剰な期待を抱くのは注意です。

 

特に、凹凸がかなり深いものになるとレザー治療で

どれだけ薄くできるかという事になってきます。

 

ですがレザー治療は高額や施術のリスクがあります。

 

ごく薄い凹凸ニキビは、ピーリングやリプロスキンで

薄くなったという口コミを見た事はありますので

後は、程度とリスク、金額を考えてどちらがメリットがあるのか

判断が必要になってきます。

 

コメントを残す


7 + = 九

サブコンテンツ

このページの先頭へ