ファンデーションの基本的なつけ方。

今日、紹介するのはファンデーションの基本的なつけ方です。私なんかは結構、雑な方なので化粧崩れする事が多かったのです。

 

”一日の終わりでやっぱり化粧崩れをおこしてる!”

 

”あんまり、うまくシミが隠れていなかった!”

 

なんて経験ないですか?

 

 

本や他の人が紹介している方法を色々試した結果、これからお伝えする方法が良いと感じました。

 

 

 

ぜひ、参考にして頂いてお役にたてれば光栄です。

 

まずは、私が最近見て参考になったやり方から。

流石、プロの技はちがうなぁーと感心しました。

 

 

また、本で勉強した内容もまとめてみました。

もうワンポイントでさらに美しく仕上ります。

 

自然な立体感をつくるファンデーションのつけ方

 

常に顔の中心から外側に。これが基本になります。

 

それから顔には筋肉がありますので、沿ってファンデーションする事によって

綺麗に仕上がります。

 

それから、筋肉の流れをフォローする事で崩れにくいというメリットも生まれます。

 

場所によって細かくやり方を変える事でよりきれいな仕上がりに!

 

額やほおなど顔の上の部分 ⇒ 大きくぬる。

目の上や小鼻       ⇒ 小さくぬる。

 

 

これを意識するだけでよりキレにファンデーションがしあがります。

 

ちゃっと手間ですがこれを少しづつ意識する事で自然かつ長くキレイに保つ事が可能です。

 

一度、トライしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す


二 + = 8

サブコンテンツ

このページの先頭へ