四十代になると肌が乾燥してくる理由

人のお肌は二十代の終わりから三十代くらいには、乾燥を感じ始めると言われています。

この原因は、水分量の低下やなどによるものです。

 

それから、水分を保持する為に必要な「セラミド」という成分があります。

この「セラミド」は二十代くらいから減少していき、

五十代では二十代時の半分までその量は減っていきます。

 

これでは、肌の乾燥を感じるのは当然です。

加齢と乾燥

 

加齢とともに「乾燥」への必要な対策は変わってくる?!

 

また、三十代までくらいは、「保湿成分」をお肌に付け足す事で

乾燥には対応できますが

四十代になってくると「油分」も少なくなってくるので付け足す必要があります。

 

つまり、皮脂の分泌量が減少してくるという事です。

皮脂は、水分が蒸発しない様に、保護する働きをしていますので

少なくなってくると肌は乾燥してきます。

 

 年齢と伴に起きる乾燥に対しての保湿とは?

 

「乾燥肌」の定義は、角質層の水分が30パーセント以下になった状態を指すようです。

この乾燥肌に、水をあげても効果的でない事が多い様です。

保水力のない土地に水をいくら撒いても、湿らないのと同様です。

 

ですので、年齢とともに気になる乾燥には、セラミド、ヒアルロン酸などの

保湿成分をつけたしましょう。

 

それから、四十代・五十代になってきたら同時にコクのある

クリームやオイルなどでお手入れ欠かさない事が理想的です。

 

これは、上記の年齢前でも目元などの乾燥しやすい場所では

同様のケアをすると効果的です。

 

 

四十代・五十代で使えるスキンオイルとしては エミューの雫はオススメの一つです。

これは、オーストラリアに生息するエミューという鳥のオイルです。

加齢によって起こる乾燥肌ケアには、エミューの雫は向いていると思います。

油分でも強いものだと肌荒れなどを起こす可能性がありますが、

天然のオイルだから、肌にも優しいのも理想的です。

 

それから、最近私がお試しで購入して良かったシートタイプの

輝肌マスクも良かったです。

 

輝肌マスク

 

これは、本当にパックの様にマスクとして使うのでがすが

使用後のお肌へ効果は抜群でした。

プラセンタエキスやヒアルロン酸なども配合しており

輝肌マスクは、四十代のお肌との相性はとてもいいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す


二 + = 7

サブコンテンツ

このページの先頭へ